カテゴリー

オーガニックコスメ/ナチュラルコスメについて

最近、著名人をはじめ幅広い年齢の方々がオーガニック商品に対し、高い興味をお持ちですね。

まず、オーガニックコスメ/ナチュラルコスメとはそもそもどういうものなのか?
”自然派” ”自然○○” ”天然○○” ”無添加... ”このような言葉が表している意味ははたしてどのようなものなのか?なんとなく想像がつく方もいらっしゃるかと思います。
では、この言葉の根拠となる規則や、法律はどいういったものなのでしょうか?


答えは簡単、日本ではいまのところそいった規則や法律はないのです。
確かに、法律で化粧品の成分や食品に含まれるものの記載は業者に義務付けられています。
スーパーで買い物をしてきた食品、毎日使っている商品のパッケージを見てみてください。
それらのパッケージに記載してある成分、すべて何か説明することはできますか?

一つ例をとってみますと、女性ならば毎日使っている化粧品、男性ならば歯磨き粉、でもいいでしょう。
これらの商品を購入するときに、商品に有害な成分がはいっていないか毎回チェックしてますか?
保湿剤として配合されているプロピレングリコール、歯を白くするための研磨剤等・・・

すべての品物に毎回このようなチェックをしながらの買い物なんて考えられないですね。

ですから、一番上に述べたような ”自然派” ”自然○○” ”天然○○” ”無添加...”という言葉に惹かれて商品を購入する人も多いかとおもいます。

オーガニックの先進国であるドイツは、長年にわたりさまざまな研究をし政府機関も交え、健康に被害を及ぼす恐れのある成分の原則使用禁止などを行っています。

また近年では、ヨーロッパの国々からなるEU(ヨーロッパユニオン)でも、オーガニック商品に対してのさまざまな規制が設けられています。

それに加え、ドイツではEUの規制や基準をさらにきびしくした数値を、オーガニック商品と認めています。